2019年03月03日

ペンギンチャンネル

本日3/2・・・っていうか、日付も変わったので3/3になりますか。
奇しくもひな祭りという覚えやすい日に、ペンギンチャンネルというウェブラジオ番組が『閉館』となりました。
なんか他に書くことあるだろうとか、お前死んでなかったんか・・・みたいなのもあるとは思うんですけども
今日、書いておきたいなと思ったので、今日はペンチャの話させてもらおうと思います。
多分いつも通り長くなるので、残りは追記で!!
まずね、ペンギンチャンネルって何?っていうからっど。ってそこで何してたの?
みたいな所から入る人もいるかもしれないので、一応軽く説明しておくと・・・

『ペンギンチャンネル』(以降愛称でペンチャと略します)は何処かスポンサーがついたウェブラジオ
というわけじゃなくて、素人の・・・というと数年やってて素人って言い方はどうなの?みたいな話になるんですけども
プロとは違う人たちが代表の将軍さんの元へ集まって出来たインターネットラジオサークルです。

そこで、らっど。は元メンバーであり、今この言い方をするのかわからないのですが、
ペンギンフレンズというOB枠として、携わらせて頂きました。
で、そのラジオはなんと9年間も続いて、ようやくお休みに入るという事で・・・
やっぱり最後まで付き合いたいっていう事でちゃんと有給とってゲストに行ってきました。

暫くアーカイブもあるそうなので、大体の事はざー!!っと語ってきたんで
そちら聞いてもらえば良いんですけど、結構枠とって頂いたし
結構早口でめっちゃ喋ったはずなんですけども、それでも語りつくせず、
改めて、思い出深い場所だったなあと思いました。

きっかけはイラストレーターとして入って、ずっと裏方として活動してきて
何かスペシャルがあれば、イラスト!
何か新番組があれば、イラスト!!
冠番組がリニューアル!!あわわイラストおおぉぉっ!!
みたいな感じで、あれもこれもって当時は安請け合いしちゃってたので
思い返してみても、やっぱり良くやったなあって思いました。

言い方悪いですが、本当に便利に使える駒みたいな立ち位置で色々とこなしていたので
当時のペンチャで関わってないものがなかったんじゃないかってくらい
アレコレやった感じがあって、ここに加えてボイスコとしても全盛期だったし、
受からないからって、十数件受けに行ってた時代でもあったので・・・
うん。やっぱり我ながらすげえなって思います。
年々そのパワーに衰えを感じているんで、若いってそれだけでパワーだなっていう
そんな気もしますね。

ペンチャって割と、将軍があれやってほしいこれやってほしいって指示を出すんですけど
俺が自主的に発信していった企画も多数あって、その殆どはメンバーの声が
きっかけになって言った感じがしますね。
ホワイトデーラジオだったり、50年後の空ペンだったり・・・
誰もやらないなら俺がやるっていう熱量がペンチャに入ったころはあったのかなあと。

まぁ、その熱量も結局別のゲームやらなんやら始めたり仕事だったり年だったりで
うん。落ち着いたっていうか大分下がりましたし
結局その辺がペンチャやめる理由にもなったんで・・・
そう考えると。改めて9年ってすごいなって思いますね。
結局、熱量もってやってた時は、周りもそれだけの・・・
それこそ、最終的に9年も続けられるくらいの熱量があったからだったと思います。
今、思い返すとけっこうやべーんですけど、それでもなんかサボってる
っていう意識があったのも覚えてるので・・・

うーん。
こうやって色々と書いていても、ペンチャには色んなものを与えて、壊して、貰った。
今でもそう思います。

与えたものは、イラストだったり企画だったり熱量だったり。
番組を楽しみにしてときにはリスナーとして視聴しレスしたし・・・
色んな面から盛り上げることには成功したんじゃないかなって思っていますし、

ペンチャRPGがきっかけで、約束を守る、締め切りを守るっていう
ペンチャが大事にしてきた部分を壊してしまった時もありました。
とある方から頂いた、ペンチャRPG楽しみにしているので更新まで引っ越し伸ばしました!
みたいなメールをいただいたのに、更新に間に合わなかったことがあってその時は
本当に胸が締め付けられる思いだったし、それは今でも苦い思い出として覚えています。

Twitterでも、一回番組裏話みたいなことを書いたら炎上しかけて
ツイート削除を初めて行うとか、そんなこともありました。

でも、ペンチャから貰った事も本当に多くて
トークが最初、上手くできなくて何度も何度も将軍さんにはご迷惑お掛けしたなって思っていますし
その時にラジオをしているのは、普段生活している『らっど。』ではない、ラジオの顔を作る事が大事だと
そう言われた事は、凄く記憶に残っています。

結局、メンバーにいる時には、最後までうまく話すことはできなくて
メンバーから外れたときにツッコミ役っていう形を得て、それから割と気楽に話せるようになったので
多分、その時にこの言葉を真の意味で理解できたのかなと思いますが、
数年ぶりにゲストでお邪魔させて頂いた時には少し饒舌になっていたのではと思います。
今日のゲストでも成長を見せられていたら良いなと思うんですけども、
なんだかんだ数年も経っているんで成長とかそんな話じゃなかった気もしますけどね。

ペンチャで貰ったのは精神とかそういうものだけじゃなくて技術も
ペンチャきっかけって多かったなって思います。
先述のRPGもそうですし、編集技術とかそういうのも。

初めてのPMJ作品でいきなり5人パートの編集+前後の掛け合いパートの台本っていう難題を
やらされて、時間がなくても出来ないじゃ済まされないので、本当に必死にやった記憶があります。
後に、初登山でエベレストに挑戦したものだと評価されたのも良く覚えていますね・・・
でも、PMJって最終的にほんとレベル高くなったんで、あのくらいはエベレストではなかったと思います。
せいぜい八ヶ岳だったのでは?

あと、CMの台本もいくつか作らせて頂いて、あぁ、こうやってCM作るんだなーみたいなの結構やらせて頂いたんで、
これは、最近になって職場のスーパーで何故かエンドレステープを流すことになった時にめっちゃ生きたと思います。
人に聞かせる、興味を持ってもらう台本作りは本当に今役立ってます。

特技ももらいました。
今まで、なぞかけとか挑戦してなかったんですけども、空ペンで初めて挑戦させて頂いて
数十分頭をひねらせて、何とか形になったのがきっかけで。
すぐに思いつく訳じゃないのですが、時間さえかければそれなりの物ができるようになりましたし。
同じく空ペンでいきなり歌を即興で歌わされるという事があり、
歌詞さえあれば、メロディくらいは付けれるようになりました。
どこで使うんだって感じの特技ですけど、出来る出来ないはやっぱ違いますよね。

そして勿論、絆ももらいました。
今でも、オフであわせてもらったり、M3であいさつしたり。
ペンチャでの絡みがあると、ネタも話題も尽きない気がします。
何かあった時に真っ先に頼りたくなるのもやっぱり元メンバーだったりします。
皆なら良いよって言うと確信しちゃう安心感有りますね。
ペンチャに入ってから貰った役も沢山あって、中にはペンチャきっかけの物も。
オフで会ったメンバーも10人を超え、色紙の寄せ書きも殆どうまっちゃっている状態です。
これがどこまで増やせるかは、一つの課題だと思ってます。
一杯の絆をもらったペンチャには感謝ですね。

まだまだ思い出、語りつくせないんですけど、改めて代表的なところは洗ったかなあ。
とにかく言えるのは間違いなく、今のらっど。という存在にとって
ペンギンチャンネルはとても大きい存在で、友人であり、教師であり、家族でもある
と言えるくらい、無かったら人格や考え方が変わっていた可能性があった場所です。

ラジオの内容や言動で後悔することも、時には泣いたことも本当に多かったんですけども
自信を持って言えるのは、ペンチャと関わったことに後悔したことは一度もないという事です。
ペンチャを知ったのも、ペンチャに入ったのも、ホント偶然だし、
そのペンチャも他の数多くの人の偶然から成り立っている
本当に危ういバランスの中で、奇跡的に巡り合ってここにいれた事は、
自分の人生の中でもとても幸せなことだったのではないかと思います。

ペンチャは閉館という形にはなってしまったんですけど、
自分としては、ペンギンRPGというやり残したことがあります。
シナリオ自体は、最初から最後まで殆ど頭の中に出来てて
実は、使うマップやギミックなんかの作成は全部できてたりします。
正直、あとは頭の中の事を繋げるだけなのですが、やりだすと凝り性なので
最初の方から修正し始めたり、こっちの方がいいよねとか
さらに、放置しすぎた時間が長すぎてその修正とかも色々とあったりで・・・
まだまだもう少し時間はかかりそうなんですけども、
やり残したままも嫌だし、昔メンバーの月城千星さんが、らっど。さんなら完成させてくれる
って言ってくれたのも、裏切りたくない気持ちはあるので、
ある日ひょっこり完成したよって言いだすかもしれませんので
その時は、昔こんなこともあったなあと遊んでいただければ嬉しいですね。

というわけで、本当にいっぱいいっぱい思い出が詰まったペンギンチャンネル。
ついに閉館という事で本当に本当にお疲れ様でした。
とはいえ、また数年後に同窓会みたいに少しでもお話しできる、
そんな帰る場所に変わっただけだと思っていますので、
ペンチャのリスナーさんをはじめ、いろんな人に
元ペンチャメンバーとして、いつかお会いできたらいいなと思っています。

そして、すでに動き始めているのですが、このペンチャで手に入れた
企画力、トーク力を生かしてらっど。は次のステージにも進んでいます。
漣和夜さんを主体として、新しいウェブラジオ
『なみもよう』のメンバーの一人として、再びウェブラジオから声をお届けできる予定なので
そちらも是非応援して頂けたら幸いです!!


勢いのままに、ひたすら書き込んだんで見苦しい点や読みづらい点、何言ってるかわからない点も
あるとは思いますが、このクッソ長い文章をここまで読んでいただけたことに感謝を!
ありがとうございました!!!!
ペンチャ最終回まだ聞いてないよっていう人は是非ツイキャスのアーカイブも聞いてくださいね!!


posted by らっど。 at 03:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください